「第53代ミスうねめ」6人決定 石沢さんら『郡山の魅力』発信

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
第53代ミスうねめに選ばれた(左から)石沢さん、薄さん、鈴木さん、田中さん、堀川さん、渡辺さん

 郡山市の「郡山うねめまつり」を彩る「ミスうねめ」(ミス郡山)コンテストの審査会が3日、同市で開かれ、第53代のミスうねめ6人が決まった。郡山市、郡山商工会議所、福島民友新聞社などでつくる実行委の主催。

 選ばれたのは、いずれも郡山市で、市臨時職員の石沢美佳さん(24)と薄理香さん(26)、会社員の鈴木麻友さん(23)と田中唯さん(22)、家事手伝いの堀川沙紀さん(26)、団体職員の渡辺愛さん(22)。

 市内在住または通学・通勤している18~27歳の女性28人が審査に臨み、自己PRした。同商議所副会頭の有馬賢一実行委員長、福島民友新聞社の菅野篤取締役郡山総支社長ら13人が審査した。

 6人は郡山うねめまつりに参加する。まつり終了後には「ミス郡山」として活動。郡山市や郡山商議所の観光キャンペーン、姉妹都市・奈良市への親善訪問などを通して、郡山の魅力を発信する。