「力強く育って!ハナカツミ」 高倉小児童が卒業記念に苗植え

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ハナカツミの苗植えに取り組む児童

 郡山市の高倉小児童による卒業記念のハナカツミ植栽は5日、同校で行われ、児童が丁寧に苗を植えた。

 ハナカツミの植栽事業に取り組む「花かつみの里づくり」協議会と郡山北ロータリークラブが協力し、2006(平成18)年度から、東日本大震災直後の11年度を除き、毎年実施している。

 植栽には6年生8人が参加。協議会のメンバーから指導を受け、校庭の花壇に30本の苗を植えた。服部瞭平君(12)は「卒業した6年生が植えているのを見て、自分も植えたいと思っていた。力強く育ってほしい」と苗の成長を願っていた。

 ハナカツミの植栽は同校のほか、8日に同市の安積山公園で日和田小の6年生を対象に行われる。