浪江町が7月「プレミアム付き商品券」 原発事故後初の発行

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 浪江町は7月、町内で使えるプレミアム付き商品券を震災と原発事故後初めて発行する。プレミアム率は50%で、商品券は1セット1万円と5000円の2種類を販売する。1人当たり最大6万円分まで購入でき、9万円分利用することができる。6日に開会した定例議会の行政報告で、馬場有町長が説明した。

 帰還困難区域を除く避難指示解除を受け、商品券の発行を通じた地域経済活性化などにより、住民の帰還促進や町内での事業再開を後押しするのが狙い。商品券の購入資格は、今年4月1日現在で同町に住民登録している人か、2011(平成23)年3月11日時点で町民だった人。

 町内で営業している事業所での買い物や食事代などに使用が可能で、取扱店を現在募集している。使用期限は来年1月31日。