「トラックで突っ込む」 東京電力職員脅迫疑いで72歳男逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力の福島原子力補償相談室に電話し「トラックで窓口に突っ込む」などと職員を脅したとして、南相馬署は7日午前9時5分ごろ、脅迫の疑いで南相馬市、無職、容疑者男(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は、4月21日午後1時55分ごろ、福島市の同相談室に電話し、応対した職員を介して容疑者を担当していた南相馬市の同相談室南相馬事務所責任者の男性職員(51)に対し「トラックで南相馬事務所の窓口に突っ込む」「けが人がいっぱい出ても知らないぞ」などと脅迫した疑い。

 同署によると、容疑者は福島第1原発事故の被災者で、これまでにも同社の相談室に数百回にわたり電話をかけ「震災前の生活に戻してほしい」「仕事がなくなった」などと求めていたという。

 同相談室南相馬事務所の男性職員が5月25日、同署に被害届を出していた。