前代表理事が350万円着服 南相馬のNPO、総額は1000万円か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 南相馬市は8日、指定管理者として同市屋内市民プールを運営する認定NPO法人「フロンティア南相馬」の前代表理事の男性(40)が、プールの利用料約350万円を着服したと発表した。被災地の子ども支援にも取り組んでおり、同法人によると、前代表理事は事業収益や寄付金の一部約650万円も着服したとみられ、着服額は総額約1000万円に上るという。市は前代表理事の刑事告訴を検討している。

 市によると、着服は3月末、同法人事務局長から市への告発で発覚した。前代表理事は2015(平成27)~16年度、プールの年間利用券の販売収入を実際より少なく市に報告し、差額を流用していた。市の聞き取りに「旅行費や家電製品の購入費などに充てた」と話しているという。

 同法人は11年6月に設立。15年4月から屋内市民プール、今年4月からは同市鹿島区の真野交流センターを指定管理者として運営している。東京電力福島第1原発事故後、屋外で自由に遊べない子どもたちを遠足に連れていくなどの事業も手掛けてきた。前代表理事は福島民友新聞社の取材に着服を認め、「関係者に申し訳ない。責任を取って罪を償いたい」と話した。

 市は今後、NPO法人の認定などを所管する県と協議し、同法人の処分を検討する。県は8日、同市原町区の同法人事務所を立ち入り検査した。