「東北絆まつり」閉幕 仙台で復興の祈り、福島・大わらじに沸く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大わらじを担ぎパレードする担ぎ手たち=11日、仙台市

 震災犠牲者への鎮魂と、復興の祈りを込めて仙台市で開かれた東北絆まつりは最終日の11日、福島わらじまつり(福島市)など東北6県を代表する祭りのパレードが行われ、威勢の良い踊りや鳴り物で沿道の人々に東北の活気と魅力を伝えた。

 主催する実行委員会によると10、11両日の来場者数は想定の38万人を上回る45万2000人。実行委は東北絆まつりの東北6市一巡を目指し、震災被災県を優先に秋にも次回開催都市を決める方針。

 仙台市の定禅寺通―東二番丁通を舞台としたパレード。本県からの参加者はそろいの法被姿で大わらじを担いで「わっしょい、わっしょい」と練り歩き、風情あるわらじ踊りの一行が後に続いた。仙台七夕まつり、山形花笠(はながさ)まつり、盛岡さんさ踊り、青森ねぶた祭、秋田竿燈(かんとう)まつりも個性豊かな踊りなどを披露した。

 東北絆まつりは、震災を受け2011(平成23)年から6年間続いた東北六魂祭(ろっこんさい)の後継イベント。福島市では13年6月に東北六魂祭が開かれ、約25万人が来場した。