「フットボールセンター」18年5月開所へ 郡山・磐梯熱海駅前

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
郡山市が整備するフットボールセンターの完成予想図

 郡山市が同市熱海町のJR磐梯熱海駅前の市有地に日本サッカー協会(JFA)の支援を受けて整備するフットボールセンターが来年5月に開所する見込みとなった。品川萬里市長が12日開会した6月議会で明らかにした。

 同センターはJFAの都道府県フットボールセンター事業に位置付けられ、人工芝ピッチとクラブハウス、観覧席(芝生含め約1700人収容)、発光ダイオード(LED)の夜間照明などを備える。

 整備事業費は約7億7600万円で、JFAの助成金6000万円などを活用する。隣接する多目的交流施設と一体的に整備し、駐車場は4カ所で約320台分を確保する予定。