主演の川村ゆきえさんら来場 福島・棚倉の映画、凱旋上映会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
劇中に登場した踊りを踊る川村さん(前列右から2人目)ら

 福島県棚倉町と吉本興業の子会社「よしもとデベロップメンツ」(大阪府)が連携して製作した短編映画「豆腐の角に頭ぶつけて生きる~TANAGURA」の凱旋上映会は11日、町文化センター「倉美館」で開かれた。

 主演のタレント川村ゆきえさん、お笑いコンビ鬼越トマホークら出演者と、菅原達郎監督も来場し、撮影に協力した町民らとの再会を喜んだ。

 映画は昨年12月、全編同町で撮影。この日が町内初上映となった。

 舞台あいさつで川村さんは、お気に入りのシーンに、多くの町民がエキストラで出演して撮影したご当地グルメ大会を挙げ「(映画を)みんなで作った感じがした」と話した。

 映画にエキストラで出演した縁で、劇中に登場した踊りを出演者と一緒にステージ上で踊った小学6年の男子児童は「うまく演技できていて、感動した。面白い映画だった」と喜んでいた。

 映画は、4月の沖縄国際映画祭に出品された。川村さんが演じる「豆腐が苦手な豆腐屋」と、鬼越トマホークが演じる「コワモテのスイーツ屋」がコラボ商品を開発し、町のご当地グルメ大会に出場するまでの姿を描いた。