「アユ、元気に育って」 会津若松の園児ら阿賀川に放流

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
稚アユを放流する園児たち

 会津若松市のみなみ若葉こども園の園児は13日までに、同市と会津美里町に架かる本郷大橋近くの阿賀川で稚アユを放流した。

 生き物や環境保全の大切さを学んでもらおうと同園が毎年行っている。

 会津非出資漁業協同組合とNPO法人阿賀川流域ネットワークが協力した。

 同日は年中児約80人が参加。山田佐市同組合副組合長らから説明を聞いた後、バケツに入った稚アユ約25キロを、成長を願いながら阿賀川に流した。

 参加した園児は「楽しかった。元気に育ってほしい」と笑顔を見せた。