踏切で列車にはねられ男性死亡 二本松・東北線に遅れ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 13日午前8時30分ごろ、福島県二本松市本町のJR東北線作田踏切で、男性が上り普通列車にはねられ死亡した。二本松署などによると、死亡したのは同市の30代男性とみられる。

 現場は二本松駅から東へ約500メートル離れた住宅街にある踏切。同署によると、男性は同駅に向かう列車が来るのを見て横たわった状態ではねられたという。

 この事故のため、上下線4本が運休し、同3本が最大1時間41分遅れ、約1300人に影響した。