磐城が優勝、全国大会出場へ 郡山で「俳句甲子園」地方大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第20回「俳句甲子園」全国高校俳句選手権大会の地方大会が17日、郡山市労働福祉会館で開かれ、磐城が優勝した。同校は8月19、20の両日、松山市で開催される全国大会に出場する。

 同校と会津、郡山商の3校4チームが出場した。対戦は5人一組のチームで、1試合につき3句を披露。それぞれの句の創作力、質疑応答などで示した鑑賞力で競った。

 最優秀句に白井駿助さん(会津2年)の「陽炎や虫の図鑑と毒瓶と」、子規・漱石生誕150年記念賞に松尾多結さん(郡山商2年)の「陽炎と戸惑い迷う十七歳」がそれぞれ選ばれた。