桑折の大野屋「果樹園ポテト」が厚労大臣賞 全国菓子博

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 三重県で開かれた第27回全国菓子大博覧会・三重「お伊勢さん菓子博」の一般菓子部門の受賞品が19日までに決まり、県内から手づくり菓子工房大野屋(桑折町)の「果樹園ポテト」が厚生労働大臣賞に輝いた。

 また、菓子業界の発展に尽力したとして吉原製菓(会津美里町)の吉原幸一社長ら74人が橘花(きっか)栄光章を受章した。

 博覧会は4月21日~5月14日に開かれた。一般菓子部門には全国から2175品、本県から21品が出展され、菓子業者と一般の投票で受賞品が決まった。最高賞の名誉総裁賞には50品が選ばれた。

 県内受賞品の表彰伝達式が19日、郡山市で行われた。県菓子工業組合の神山修一理事長が「菓子業界の風評払拭(ふっしょく)にプラスになる結果が得られた」とたたえ、受賞品の製造元の代表に賞状を手渡した。県菓子博実行委の佐藤卓宏委員長が「本県の力を結集できた」とあいさつした。