毎月19日は「食育の日」 白河で健康的な体づくり呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
食生活の見直しなどを呼び掛ける会員ら

 白河市食生活改善推進協議会は19日、同市のベイシア食品館前で「食育の日」の街頭呼び掛けを行った。

 毎月19日は国の方針で「食育の日」と定められている。広報活動には、会員8人が参加。バランス良く野菜を摂取できるよう考案された「きのこのカレースープ」のレシピや熱中症対策のチラシを来店者に配布した。

 1日に摂取すべき野菜の実測コーナーも設けられ、会員たちは市民に健康的な体づくりを呼び掛けた。