華麗なステップ復活! 6年ぶり富岡でダンスパーティー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
華麗なステップを披露する参加者

 原発事故による避難指示が帰還困難区域を除いて解除された富岡町の復興を、震災前まで盛んだった社交ダンスで応援しようと「復興応援チャリティーダンスパーティーin富岡」が22日までに、富岡町総合体育館で開かれ、約150人が華麗なステップを披露した。

 千葉県柏、我孫子両市のダンス愛好者が協力、柏市の「さわやかダンスK2」が主催した。NPO法人富岡町さくらスポーツクラブの共催。町内でダンスパーティーの開催は6年ぶり。

 出演者らはワルツやタンゴ、ルンバなどの種目ごとに募金を呼び掛けた。千葉県で開いたイベントで寄せられた浄財と合わせ、27万4197円を復興支援金として富岡町に贈った。

 原発事故で千葉県に避難した大会長の渡辺和夫さんは「遠く離れていても古里富岡とつながれる喜びを感じた。町民にとって素晴らしい一ページを刻むことができた」と語り、来年以降の継続にも意欲を見せた。