公用車が『痛車』...アニメキャラ全面に! 伊達市役所にお目見え

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
市民の目をくぎ付けにした2台の公用車「痛車」=伊達市役所

 伊達市役所に6日、アニメのキャラクターを全面に施した「痛車(いたしゃ)」(見ていて痛々しい思いがする車)2台が現れ、市民の目をくぎ付けにした。

 車両は同市の公用車。市の魅力をPRしようと、伊達政宗をモチーフに福島ガイナックスが制作するアニメ「政宗ダテニクル」のキャラクターで装飾した。後部窓には「伊達は僕が守る 君は速度を守れ!」などと書かれ、交通安全も喚起している。

 イベントだけでなく、通常業務でも使用するという。仁志田昇司市長は「びっくりですよね」とやや苦笑い。「アニメは予想以上に若い人に受け入れられる」と自らに言い聞かせるように強調した。PR効果やいかに。