東京電力釈明...トリチウム処理水海洋放出「社の結論出てない」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発で保管されているトリチウムを含んだ処理水の海洋放出を巡り、東電の川村隆会長が共同通信などへのインタビューで「判断はもうしている」と発言したことについて東電は14日、「最終的な方針を述べたものではなく、会社としての結論も出ていない」との認識を示した。

 その上で「誤解を招く発言でおわび申し上げる」と釈明、同日、自治体や県漁連などに事情を説明した。

 東電は記者会見で発言について「トリチウム水の海洋放出時の影響に関し『科学的・技術的な見地に基づく現行の規制・基準に照らすと問題ない』という田中俊一原子力規制委員長らの見解と同様という趣旨」(福島広報部)とし、海洋放出を判断したわけではないことを強調した。

 ただ、海洋放出を判断したと報道された点について「情報の発信の仕方が悪かった。最終的な方針決定は、国や地元と慎重に検討を進めていく」とした。

 トリチウム処理水の扱いを巡っては、国の小委員会が議論を進めている。このため県は「どういう意味で発言したか分からないが、もっと慎重な発言が必要だった」(原子力安全対策課)と苦言を呈した。

 東電福島復興本社の大倉誠代表は「会社としての結論に至っておらず、関係者と相談しながらなるべく速く判断していきたい」としている。