人工芝滑り台、車両進入で損傷か 鏡石町、被害届を提出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
被害のあった人工芝の滑り台

 鏡石町堂前のふれあいの森公園の人工芝滑り台に、車で進入したような跡が見つかり、人工芝がはがれる被害があったことが10日、町への取材で分かった。町は同日、須賀川署に被害届を提出した。

 町によると、ソリ滑りなどをするための人工芝が外れたり、摩擦熱で溶けたような跡があった。

 被害に遭った滑り台は長さ約65メートル、横幅約11メートル。施設の男性管理人が同日午前、被害に気付き町に報告した。町は被害額が15万円ほどになるとみている。