吾妻の峰...眺め雄大 2回目「山の日」、登山愛好者ら満喫

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
一切経山山頂付近から眼下に広がる「魔女の瞳」とも称される五色沼などの大パノラマを堪能する登山者=10日午後、福島市

 昨年から設けられた国民の祝日「山の日」の11日、福島県内は曇り空に覆われ、浜通りや会津の一部で雨に見舞われる天気となったが、県内の山々には登山愛好者や山に涼を求める人の姿が見られた。

 本県と山形県にまたがる吾妻山周辺では雲の合間から時折、晴れ間がのぞき、登山者が視界いっぱいに広がる風景に見入った。

 同山では同日、ウオークラリーも行われ、参加者が山歩きをしながら高山植物を観察するなどとして、2回目となった「山の日」を満喫した。