お盆用の花々品定め 郡山・なかまち夢通りで「花市」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
お盆用の花々が並んだ会場

 郡山市中央商店街振興組合(斎藤淳宏理事長)は12日、同市のなかまち夢通りで恒例の「花市」を開き、お盆用の花々が並んだほか、ドジョウのつかみ取りなどのイベントでにぎわった。

 会場では花の生産農家が菊やリンドウ、ホオズキなどを販売、来場者が足を止めて花を品定めする姿が見られた。

 イベントはドジョウのつかみ取り、エア遊具で遊ぶコーナーなどが人気を集めた。ドジョウのつかみ取りでは、子どもたちが泳ぐドジョウを懸命に手ですくおうと悪戦苦闘していた。

 また、オリジナルの地場産夏野菜を販売する「あぐり市」も同時開催され、来場者は夏の風物詩を満喫していた。