元巨人・鈴木尚広さん、盗塁の秘訣語る 平競輪場でトークショー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
競輪や現役時代について語る鈴木さん(左)

 プロ野球の元読売巨人軍の鈴木尚広さん(相馬高卒)が11日、いわき市のいわき平競輪場で開かれたトークショーに登場し、競輪と盗塁に共通する走りについて語った。

 トークショーは同競輪場で開催中の「第60回オールスター競輪(G1)」のイベントの一環として開催。初めて競輪場を訪れたという鈴木さんは「トレーニングでは競輪選手の使うバイクを取り入れていた」と競輪との関わりを話した。

 現役時代の盗塁について聞かれると「踏み出しでフルスロットルにすることが大事。そのためには、スタート前に一瞬力を抜いてその反発で走り出すことが大切」と秘訣(ひけつ)を明かした。