41歳長男をナイフで刺す いわき、殺人未遂容疑で父逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 16日午前0時ごろ、いわき市の民家から「近くの家が騒がしい」などと110番通報があった。いわき東署員が駆け付けたところ、同市の民家で、この家に住む長男(41)が胸などを刺され、けがをしていた。

 同署は同午前0時50分ごろ、殺人未遂の疑いで、長男の父で警備員の容疑者(64)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、自宅で同居している無職長男の胸や腹などを果物ナイフで複数回刺し、殺害しようとした疑い。

 同署によると、容疑者は長男、妻との3人暮らし。長男は市内の病院に搬送され、命に別条はないとみられる。

 同署などによると、事件当時、妻は全身に打撲などのけがをしており、直前に長男が暴力を振るった可能性があるという。

 同署は家族間のトラブルが発端になり、容疑者が突発的に長男を刺したとみて、慎重に動機などを調べている。

 捜査関係者によると、事件前の15日午後7時ごろ、容疑者方から「長男が暴れている」などと110番通報があったという。同署員が駆け付けた際、長男が落ち着いていたことから引き揚げていたという。