「巨大観音像」開帳 会津坂下・恵隆寺、国内最大一本彫り木像

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
観音像に手を合わせる参拝者

 国指定重要文化財で会津三十三観音の一つ、立木千手観音が17日から、会津坂下町の恵隆寺(えりゅうじ)で開帳され、参拝者でにぎわっている。開帳は18日まで。

 同観音は「会津ころり三観音」の一つにも数えられ、毎年同寺の例大祭などに合わせ開帳されている。平安時代に弘法大師が巨木の枝を切り、根が付いたままの立ち木に像を彫ったと伝わる。高さは約8.5メートルで、一本彫りの木像では国内最大の高さを誇る。

 開帳法要後、観音像の拝観が始まった。参拝者は観音像の足を触ったり、手を合わせたりして無病息災を祈っていた。

 開帳は例大祭のほか、元日と2月の節分の年3回行われる。