まだ夏だょ...キノコも秋と『勘違い』 福島・水林自然林で発生

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
木の根元に大量に発生したナラタケモドキ=福島市荒井・水林自然林

 ぐずついた天気が続く中、福島市荒井の水林自然林では、早くもキノコが発生し始めている。

 特に目に付くのが、広葉樹の根元や枯れ木に生えるナラタケモドキ。同林管理事務所の高橋勝美さん(75)によると、例年は9月上旬ごろから生え出すが、長雨の影響か今年は、あちらこちらで大量に見られるという。

 ナラタケモドキは、食用キノコだが、高橋さんは「同林には毒キノコもたくさんあるので、採らずに写真に撮って楽しんで」と話している。