首都圏学生が福島県の『魅力体感』 福島県内の学生が案内役に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
七日町通りを見学する首都圏の学生ら

 本県の学生らの案内で首都圏の学生が本県の魅力に触れる旅行企画「ふくしまに来て、見て、感じるスタディツアー」が22日、2泊3日の日程で県内で始まった。5コースで実施され、9月8日には東京都内で参加学生による成果発表会が開かれる。

 本県の現状や復興に向けた取り組み、観光や食の魅力に触れ、感じたことを成果発表会や大学、ゼミ、SNS(会員制交流サイト)などで伝えてもらおうと県が昨年に続き企画した。

 風評払拭(ふっしょく)や風化防止が目的で、温泉地の観光復興の取り組みなどに理解を深める「福島エリア」、復興や避難指示解除地域の現状を知る「いわき・相双エリア」、伝統や文化の魅力を学ぶ「会津・喜多方エリア」などのコースが設けられた。

 会津・喜多方エリアには上智大や首都大東京、創価大の4人が参加し、県立テクノアカデミー会津観光プロデュース学科の2年生9人が案内役を務めた。大正浪漫調の街並みづくりに取り組む会津若松市の七日町通りなどを見学、明治時代に建てられた空き蔵群を活用したテナント施設「七日町パティオ」では庄司裕七日町通りまちなみ協議会副会長から説明を受けた。