夏惜しむ踊りの輪 二本松で「岳温泉観光仮装盆踊り大会」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
やぐらを囲み、踊りの輪を広げた岳温泉観光仮装盆踊り大会=26日、二本松市岳温泉

 第63回岳温泉観光仮装盆踊り大会は26日、歩行者天国となった二本松市岳温泉のヒマラヤ大通りで始まった。各旅館の女将(おかみ)や温泉関係者、宿泊者、地域住民らがやぐらを囲み、行く夏を惜しみながら踊りの輪を広げた。27日まで。

 岳温泉観光協会、岳温泉若連会、福島民友新聞社、福島中央テレビなどでつくる実行委の主催。大通りは赤い祭り提灯(ちょうちん)で彩られた。訪れた人たちは、あだたら高原に響く太鼓や笛、三味線の音と唄に誘われ、祭り一色となった温泉街で盆踊りを楽しんだ。

 最終日の27日は午後7時に始まり、仮装・コスプレコンテスト、ゆかたコンテストが行われる。同9時まで。参加受け付けは同6時から。