女優・綾瀬はるかさん「会津藩公行列」4年連続の参加決まる!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津若松市は8日、会津まつりの「会津藩公行列」(23日)の特別ゲストに、大河ドラマ「八重の桜」の主人公新島八重を演じた女優綾瀬はるかさんが参加すると発表した。

 綾瀬さんは2014(平成26)年から会津藩公行列に参加しており、今回で4年連続となる。過去3回ともドラマ衣装に身を包み、沿道の観衆を喜ばせている。毎回、「ありがとなし」などの会津弁を使ったあいさつも好評を呼んでいる。

 市役所で会見した室井照平市長は「綾瀬さんには会津の復興を継続して応援いただき大変ありがたい。会津まつりや来年の戊辰150年を盛り上げていただけることにも感謝」と語った。

 今年の会津藩公行列は、午前10時25分に鶴ケ城から時代衣装姿の一行約500人が出発。城下町を練り歩き、午後2時45分に戻る。綾瀬さんは出陣式であいさつし、パレード車両で4時間ほど参加する予定。

 綾瀬さんは「さすけねえか。今年もお声をかけていただきまして ありがとなし。皆さんにお会いできることを楽しみにしてます」とコメントを寄せた。