郡山の踏切で普通電車と軽トラック衝突 磐越西線、けが人なし

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 13日午前9時50分ごろ、郡山市のJR磐越西線踏切で下り普通電車と同市、農業男性(72)の軽トラックが衝突した。男性と乗客、乗員約100人にけがはなかった。

 郡山北署によると、男性が踏切を渡ろうとしたところ、電車と衝突したという。現場は、喜久田―安子ケ島駅間にある車両通行禁止の踏切で、警報機と遮断機はなかった。同署は男性が近道をしようと踏切を渡り、電車と衝突したとみて調べている。

 電車は郡山駅午前9時38分発の会津若松行き。JR東日本によると、電車は1時間11分後に運転を再開した。この事故のため、上下線計2本が運休、計4本が最大1時間19分遅れ、約550人に影響があった。