100回以上窃盗か 福島署逮捕の容疑者夫婦、被害額200万円超

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市のスーパーマーケットで化粧品などを盗んだとして福島署が7月に盗みの疑いで逮捕した山形市、無職の容疑者男(26)と妻の無職、容疑者女(25)=いずれも窃盗罪で起訴=が「福島県や山形県の32店舗でウイスキーや化粧品などを盗んだ」と供述し、被害額が200万円超に上ることが19日、同署への取材で分かった。

 同署によると、両容疑者は昨年1月ごろから7月にかけ、各店舗で計100回にわたり盗みを繰り返していたという。

 インターネットオークションや山形県内のリサイクルショップで売却し、生活費に充てていたという。酒類は計484本を盗み、約70万円で売却していたという。

 同署によると、両容疑者は店内用のカートで商品を店外に運び出し、自動車に積むという手口で盗みを繰り返していたという。

 同署は両容疑者の自宅から盗んだウイスキーや化粧品などを押収した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区