広域バス2路線10月運行開始 南相馬―医大、川内―小野新町

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
広域バスの路線

 東京電力福島第1原発事故で避難指示が出た12市町村に帰還した住民の交通手段となる広域幹線バスの新たな路線について、福島交通は10月1日に「南相馬―川俣―医大経由福島線」、新常磐交通は同2日に「川内―小野新町経由上三坂車庫線」の運行をそれぞれ開始する。県が19日発表した。

 「南相馬―川俣―医大経由福島線」は、南相馬市のJR原ノ町駅から飯舘村、川俣町、福島市の福島医大、JR福島駅をつなぐ路線で、1日6往復運行する。現在運行を休止している「原町―川俣線」の再開を兼ねている。

 「川内―小野新町経由上三坂車庫線」は、川内村のゆふねから小野新町を経由し、いわき市三和町の上三坂車庫をつなぐ路線。1日3往復で平日のみ運行する。

 広域幹線バスの運行は、避難指示が解除された地域に帰還した住民の交通手段の確保や、日常生活の利便性向上などが目的。

 今年4月1日から「いわき―富岡線」「船引―葛尾線」「船引―川内線」の3路線が運行しており、10月の運行開始で計5路線となる。

 また「富岡―川内」方面について、来年4月の運行開始を目指して調整が進められている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け