郡山・森永乳業跡地にショッピングセンター ベニマル12月開業へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
森永乳業郡山工場の跡地で建設が進むヨークベニマルのショッピングセンター

 ヨークベニマル(郡山市)は12月にも、郡山市田村町金屋にスーパーやホームセンター、銀行などが入るショッピングセンター(SC)を開業する。開業するのは国道49号沿いの森永乳業郡山工場跡地。跡地利用が懸案となっていたが、工場閉鎖から約6年を経て、大型SCが少ない同市東部の新たな集客拠点として生まれ変わる。

 森永乳業郡山工場は効率的な生産体制の構築に向けた再編の一環として、2011(平成23)年9月に閉鎖され、建物の解体後は空き地となっていた。

 周辺には日大工学部や日大東北高、帝京安積高などがあり、多数の企業が立地する郡山中央工業団地と近接していることから、多くの集客が見込まれる。

 ダイユーエイトやファミレス、東邦銀支店も

 ベニマルは土地を取得し、他の企業に賃貸する方式でSCを運営する。SCの名称は「ヨークタウン金屋(仮称)」。ベニマルをはじめ、ダイユーエイト、ファミリーレストランの各店舗と東邦銀行の支店などが入る。

 売り場面積は、ベニマルが約2500平方メートル、ダイユーエイトが約3200平方メートルで、約350台分の駐車場を計画している。ベニマルは年間売上高を15億円と予想、SC全体で30億円前後を見通す。

 東邦銀行によると、SCに支店を構えるのは初めてで、ベニマルなどを訪れる多くの来客が見込めるため、土、日曜日も窓口を営業するという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け