山下晴加さん「会津の食べ物おいしい」 ミス・ワールド日本代表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会席料理を味わい、会津の良さを体感した山下さん

 ミスコンテスト「ミス・ワールド2017」の日本代表で10~11月に中国・海南島などで開かれる世界大会に出場する山下晴加さん(21)=東京都=が22日、会津の魅力を発信するため会津若松市を訪れ、陶芸体験や食事を通じて会津の良さを体感している。

 NPO法人会津地域連携センター(稲生孝之理事長)が、日本代表選考会を開催するクーインターナショナルなどの協力を得て招いた。ミス・ワールドは世界三大ミスコンテストの中で最も歴史が古く、参加国数も最多を誇る。日本代表は震災以降、積極的に被災地支援にも取り組んでおり、山下さんは撮影した写真などをフェイスブックやインスタグラムなどの会員制交流サイト(SNS)を通じて世界に発信する。

 山下さんは手びねりで湯飲みなどを作ったほか、ソースカツ丼やオタネニンジンの天ぷら、田楽など会津の料理を味わった。県会津地方振興局では、戸田光昭局長から昭和村のカスミソウや会津木綿のショールなどのプレゼントを受けた。夜は割烹(かっぽう)萬花楼で会席料理を味わった。

 初めて会津を訪れた山下さんは「日本らしさを感じる場所が多く、食べ物がおいしい。会津ファンになりました」と語った。23日には鶴ケ城などを訪れる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区