綾瀬はるかさん「準備はさすけねぇか」 会津藩公行列に参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会津藩公行列に参加して、見物客に手を振る綾瀬さん=23日午前、会津若松市・北出丸大通り

 会津の秋の風物詩「会津まつり」のメイン行事「会津藩公行列」は23日、城下町・会津若松市で行われ、武者や白虎隊など時代衣装姿の約500人が練り歩いた。大河ドラマ「八重の桜」で主人公・新島八重を演じた女優綾瀬はるかさんが4年連続で参加した。

 綾瀬さんはドラマ衣装の戊辰戦争のシーンの撮影で使われた戦闘服などで登場し、時代絵巻に彩りを加えた。

 綾瀬さんは鶴ケ城での出陣式で「今年も呼んでくれてありがとなし。準備はさすけねぇか」と会津弁を披露。参加者全員で「エイエイオー」と発する鬨(とき)の声の音頭も初めて務め、参加者の士気を高めた。

 行列ではパレード車両で約4時間ほど市内を巡り、沿道の観衆に手を振った。午後からは明治時代の撮影で使われたドラマ衣装にお色直しし、沿道からの声援に満面の笑みで応えた。

 コース途中のあいさつでは「今日一日楽しんでいきましょう」「盛り上がっていきましょう」と呼び掛けた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け