仲間と歩む秋の三春路 うつくしま・みずウオーク、1300人参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
コスモスが秋風に揺れるコースを歩く参加者

 秋の三春路を歩く「うつくしま・みずウオーク2017三春大会」が23日、三春町の三春ダム(さくら湖)周辺で開かれた。

 参加者が山あいの湖畔に広がり始めた秋の装いを肌で感じながら散策を楽しんだ。福島民友新聞社などでつくる実行委の主催。

 県内外のウオーキング愛好者や家族連れら約1300人が参加した。観光名所・三春滝桜の駐車場にある滝の平野外劇場をスタート地点に、三春の里田園生活館をフィニッシュ地点に、18キロ、10キロ、7キロ、まなぶん3キロの4コースで、参加者が軽やかに歩みを進めた。

 風になびくコスモスや三春滝桜、橋から見晴らす水辺など、秋色に染まる三春の風景も満喫した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け