「童子行列」勇ましく 掛け声高く鶴ケ城目指す、会津まつり閉幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちが堂々と練り歩いた日新館童子行列=24日午前、会津若松市

 会津の秋を彩る「会津まつり」最終日の24日、会津若松市中心部で、児童が武者姿に扮(ふん)して練り歩く「日新館童子行列」を行い、勇ましい行進を繰り広げた。

 行列には、同市の一箕、松長、永和、神指各小の6年生約210人が参加。甲冑(かっちゅう)などを身に着け、武者や白虎隊などになりきった児童は「エイエイオー」と掛け声を上げながら、鶴ケ城を目指し堂々と行進した。

 同市内19校の児童約1900人が参加した鼓笛隊パレードも行われた。

 主催の会津まつり協会によると、会期中の人出は昨年より約3万8000人少ない約20万5000人。人数の減少は昨年実施されたディズニーパレードが行われなかった影響とみている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け