楢葉、川内で「震度5弱」 震源地は福島県沖、地震規模M5.9

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 6日午後11時56分ごろ、楢葉町と川内村で震度5弱の地震があった。気象庁によると震源地は本県沖で、震源の深さは約50キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.9と推定される。津波の心配はない。

 ほかに本県、宮城、茨城、栃木各県で震度4を記録した。首相官邸は官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 東京電力によると、7日午前0時20分現在、本県沖の地震による福島第1、第2両原発への異常は確認されていない。両原発周辺のモニタリングポストにも大きな変動はないという。

 県危機管理部によると、7日午前0時20分時点で警察への110番通報もない。高速道は常磐道のいわき四倉―常磐富岡間が同0時25分現在、安全確認のため上下線で通行止め。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け