楽天とローソン...ドローンで「商品配送」 南相馬で新サービス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ドローンと移動販売車の写真を前に新サービスの成功を誓う(左から)三木谷社長、桜井市長、竹増社長=6日午後、東京都内

 楽天とローソンは31日、南相馬市小高区でコンビニの店舗からドローンで商品を配送するサービスを試験的に始める。東京電力福島第1原発事故の影響で店舗数が少なくなり、買い物に困っている高齢者らの買い物環境改善を目指す。ドローンによる商品配送とコンビニの移動販売車を組み合わせたサービスは全国初。

 ローソン南相馬小高店を拠点に毎週水・木曜日、食料品や日用品を積んだ移動販売車が集会所を訪問。木曜日の販売地点には、車にない商品を住民の注文に応じて空輸する。試験運用は小高店から約2.7キロ離れた小谷(おや)集会所で行い、地区住民の注文を受けた後、電話で店舗に連絡。荷物を積んでから約7分後に届く。実験では楽天の技術者がドローンを操縦する見込み。

 ドローンの積載量は約2キログラム。移動販売車には温かい商品を管理する設備がないが、「からあげクン」などの揚げ物も提供できるようになるとしている。

 事業の概要は楽天の三木谷浩史社長、ローソンの竹増貞信社長、桜井勝延南相馬市長らが6日、東京都内で記者会見して明らかにした。桜井市長は今回の取り組みについて「独り暮らしの高齢者は買い物だけではなく話し相手にも困っている。移動販売の実施は小高地区のコミュニティー再生につながる」と喜んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け