「ホッキご飯」できた! 新地・駒ケ嶺小で食育講座

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
器用にホッキ貝の殻をむく子どもたち

 駒ケ嶺小は10日までに、新地町の同校で食育講座を開き、同校の6年生26人が地元産のホッキ貝を使ってホッキご飯作りに挑戦した。

 食育と地産地消の取り組みの一環で、郷土料理の継承につなげようと開催した。

 子どもたちは相馬魚類(相馬市)社員の指導を受け、器用にほっき貝の殻をむくなど作業を進めた。

 自分たちで作ったホッキご飯を試食し、おいしそうに頬張っていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け