飯坂線・線路を横切り住宅へ突っ込む 68歳男性運転の乗用車

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11日午後4時10分ごろ、福島市飯坂町の県道(通称・飯坂街道)の交差点で、福島市飯坂町の男性(68)の乗用車が、県道と福島交通飯坂線の線路を横切り、住宅に突っ込んだ。福島北署によると、男性はけがをして病院に運ばれたという。

 現場は飯坂線医王寺前―花水坂間。県道と平行して線路があり、県道西側の市道から丁字路交差点に出てきた男性の乗用車が県道を横切り、ガードパイプも突き破って線路を越え、線路下の住宅に突っ込んだ。住宅は空き家だった。同署が原因を調べている。

 男性の救助と線路などの点検のため、飯坂線は約1時間にわたり全線の運行を見合わせた。福島交通によると、上下線計4本が運休し、乗客約300人に影響した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け