無免許運転で追突し逃走、身代わり出頭容疑 男2人を逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき中央署は13日午前、自動車運転処罰法違反(過失致傷、無免許)とひき逃げ、犯人隠避教唆の疑いでいわき市、会社員、容疑者男(41)と、犯人隠避の疑いで同市、会社員、容疑者男(49)を逮捕した。

 逮捕容疑は、41歳容疑者は12日午前11時ごろ、同市平鎌田の国道6号で知人名義の軽乗用車を無免許で運転中、前方のいわき市の清掃業男性(39)の軽ワゴン車に追突する事故を起こし、男性にけがを負わせ現場から逃走。49歳容疑者に身代わりで出頭することを依頼した疑い。49歳容疑者は身代わりとして名乗り出て隠避した疑い。

 同署によると、41歳容疑者は事故発生後に一度、車から外に出たが、被害者が車を安全な場所に移動している際に逃走。約2時間後に49歳容疑者が事故を起こした車両に乗って現場に戻ってきたという。容疑者2人は知人で、かつて会社の上司と部下の関係だったという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区