エアレース・室屋義秀選手「県民栄誉賞」授与へ 福島県3人目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 室屋義秀の年間総合優勝を受け、県は16日、室屋に県民栄誉賞を授与することを決めた。県民栄誉賞の受賞は、女性として初めて世界6大陸の最高峰を制覇した登山家の故田部井淳子さん(三春町出身)、ソチ冬季パラリンピックのアルペンスキーで金メダルを獲得した鈴木猛史選手(KYB、猪苗代高卒)に続き、3人目となる。表彰式は年内に行われる予定。

 内堀知事「挑戦のシンボル」

 内堀雅雄知事は16日の定例記者会見で、室屋義秀選手について「年間総合優勝への道のりは決して順調ではなかったと思うが、挑戦し続けることで奇跡を起こした。まさにふくしまチャレンジのシンボルだ」とたたえた。

 また、スポーツを通して本県の魅力を発信する、県の「ふくしまスポーツアンバサダー」第1号である室屋選手と連携した本県のPRについて、「われわれ自身が室屋選手を手本にふくしまチャレンジ、ふくしまプライドをつくり上げていかなければならない」と語った。

 小林香福島市長は「歴史的な偉業を達成されたこと、大変うれしく誇りに思う」とのコメントを出した。

 「宇宙で一番地球の空を自由に駆け巡る男になった」。室屋選手に飛行体験をさせてもらったことがあるアニメ会社福島ガイナックス(三春町)の浅尾芳宣社長は手放しに喜んだ。

 「世界一になったことを知り、室屋選手とのやりとりを思い出した。おめでとうございます。私たちもアニメで何か祝福できるといいですね」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区