磐梯高原・裏磐梯が2年連続1位 楽天・紅葉旅行ランキング

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 旅行予約サービス「楽天トラベル」の「2017年紅葉旅行が人気のエリアランキング」で、磐梯高原・裏磐梯が2年連続で全国1位に輝いた。楽天が17日発表した。

 同エリアは観光道路「磐梯吾妻スカイライン」「磐梯山ゴールドライン」のドライブや、トレッキングしながら紅葉狩りができる旅行先として人気を集めている。

 2位は白馬・八方尾根・栂池高原・小谷(長野県)、3位は上高地・乗鞍・白骨(同)、4位は定山渓(北海道)、5位は旭川・層雲峡・旭岳(同)だった。

 ランキングは「紅葉」のキーワードを含む宿泊プランを2人以上で予約した人数に泊数を掛けた「予約人泊数」をもとに集計した。期間は9月15日~12月15日。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区