プロレスラーと相撲対決 会津若松、潮崎選手ら幼稚園訪問

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
相撲対決で交流する園児ら

 プロレスリング・ノアに所属する潮崎豪選手と小峠篤司選手は17日、会津若松市の若松第三幼稚園などを訪れ、園児らと相撲対決などで交流した。

 両選手は、11月7日午後6時30分から同市のルネッサンス中の島で開かれるグローバル・リーグ戦に出場する。大会PRのため、同幼稚園や同市の介護付き有料老人ホームツクイ・サンシャイン会津若松を訪れた。

 園児ら約100人は鍛え上げられた両選手の肉体に驚いた様子だったが、相撲対決では10人以上で力を合わせて真っ向勝負。

 選手を外に押し出したり、床に倒すなどで完勝した。

 「試合では勝ちます」という潮崎選手の宣言に、園児らは「頑張って」と声をそろえてエールを送った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区