「献上桃」のグミどうぞ 福島・桑折産モモ「あかつき」果汁使用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
桑折町産のモモを使った「至福の桃グミ」のパッケージ

 皇室への「献上桃」が生産されている桑折町のモモを使ったグミが11月6日に発売される。

 商品名は「献上桃の郷 至福の桃グミ」。町と大手菓子メーカーのUHA味覚糖(大阪市)が共同開発した。桑折町産のモモの主力品種「あかつき」の果汁を使い、ジューシーなグミに仕上がったという。

 同町では、町産のあかつきを使ったシャーベット「至福の桃ソルベ」が販売され人気を集めており、グミは「至福の桃」シリーズの第2弾。商品を扱う町振興公社によると、今後も至福の桃シリーズとして6次化商品を販売するという。

 価格は108円(税込み)。同町のうぶかの郷や福島、青森、岩手、山形3県のCGCグループ加盟スーパーで販売する。

 問い合わせは町振興公社(電話024・581・2790)へ。

 ◆11月の「西根堰ウオーク」参加者にプレゼント

 「献上桃の郷 至福の桃グミ」発売を前に、11月4日に桑折町ふれあい公園を発着点として開かれる「献上桃の郷 西根堰(にしねぜき)ふるさとウオーク」の会場で参加者にプレゼントされる。

 「至福の桃グミ」については、西根堰ふるさとウオークでのプレゼントが、最初に消費者の手に届くタイミングとなる。

 同ウオークは桑折町、伊達西根堰土地改良区、福島民友新聞社でつくる実行委員会の主催。

 400年の歴史がある農業用水路「西根堰」沿いを中心に歩き、その歴史を体感する。

 問い合わせは福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区