地球の裏側から...知ってほしい『福島の今』 猪狩さん情報発信

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「福島の今を知ってほしい」と話す猪狩さん

 サンパウロ市内で22日(日本時間22~23日未明)に行われたブラジル県人会創立100周年記念式典には、県人会の将来を担う日系3世ら若い世代の会員も出席した。ブラジルで日系人社会の繁栄の基礎を築いた先人に思いをはせながら、自身のルーツがある本県の復興に誓いを新たにした。

 「福島の今の姿を知ってほしい」。記念式典に出席した猪狩エリカ夕貴(ゆき)さん(24)は、昨年4月から今年2月まで福島大経済経営学類に留学した経験を踏まえ、交流サイトのフェイスブックに自ら設けたページ「もっと福島」を通じ、地球の裏側で復興へ歩みを進める本県の情報を発信している。

 猪狩さんは、祖父陽市さんが富岡町出身の日系3世。友人の紹介で県費留学制度に応募し「いつか祖父の故郷に行きたい」という幼いころからの夢をかなえた。

 留学中は大学の授業で何度も南相馬市や川内村に足を運び、復興が進む現状を肌で感じた。県産のモモやリンゴのおいしさにも感動した。留学が決まった時、友人たちから口々に忠告された「福島は危険」という状況とはほど遠かった。

 フェイスブックのタイトル「もっと福島」には、ブラジルの仲間たちに本県の魅力を深く知ってほしいとの願いを込めた。今年4月に開設して以降、美しい街角の風景や復興に向かう住民の姿など留学中に撮影した写真を公開、ポルトガル語と日本語の説明文を添えている。放射線量のデータも紹介し多くの地域が安全な環境だと訴える。猪狩さんは「福島に関心を持ってほしい」と力を込めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区