中間貯蔵施設本体28日稼働 仮置き除染土解消が前進

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 環境省は24日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土や廃棄物を保管するために県内で建設中の中間貯蔵施設で、除染土の本格的な貯蔵を28日から始めると発表した。本体施設の稼働は初めて。県内各地に除染土などが仮置きされている状態の解消に向け前進することが期待される。

 稼働するのは「受け入れ・分別施設」(大熊町)と、分別後の除染土を放射性セシウム濃度に応じて保管する「土壌貯蔵施設」(同)。双葉町の土壌貯蔵施設も整備を進めている。

 除染土などは最大約2200万立方メートル(東京ドーム18杯分)と推計される。現在、県内各地に多くが仮置きされ、大きな住民負担となっている。

 中川雅治環境相は24日の記者会見で「用地取得や(廃棄物の)減容化などの課題はあるが、重要な一歩だ」と述べた。

 除染土は、仮置き場から保管用の袋に入った状態で中間貯蔵施設に搬入される。受け入れ・分別施設で袋を破り、草木などの廃棄物を取り除いた上で放射性セシウム濃度が1キロ当たり8千ベクレル以下と8千ベクレル超に分別。分別後は土壌貯蔵施設や、草木などの可燃物を焼却する「減容化施設」(整備予定)などに移す。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区