東北道で乗用車3台絡む事故 渋滞で追突、軽の47歳男性重傷か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 26日午前11時10分ごろ、本宮市の東北道下り線で、軽乗用車1台と乗用車2台の計3台が絡む事故があった。軽乗用車の郡山市、会社員、男性(47)が腹を強く打ち重傷のもよう。

 県警高速隊によると、47歳男性が渋滞のため停車していた宮城県柴田町、会社員男性(44)の乗用車に追突。押し出された乗用車がさらに前方で停車中の横浜市、歯科医師、男性(78)の乗用車に追突した。

 会社員男性が両足を打ち軽傷、歯科医師と同乗者にけがはなかった。同隊が原因を調べている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区