「煙の勢いすさまじかった」 郡山で住宅火災、現場から1遺体

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
激しく煙を上げる住宅=28日午前9時40分ごろ、郡山市

 28日午前8時55分ごろ、郡山市、会社員、男性(57)方から出火、木造平屋建ての住宅など約116平方メートルを焼いた。現場からは1人の遺体が発見された。

 郡山北署によると、57歳男性は母(86)、弟(54)と3人暮らし。

 出火当時、家にいた57歳男性の母と連絡が取れていないことから、遺体は57歳男性の母とみて身元を確認している。57歳男性の弟は手などにやけどを負った。57歳男性は仕事で外出していた。

 同署などによると、出火当時、57歳男性の弟が食事の準備で台所、57歳男性の母は家の中にいたとみられる。火災に気付いた近所の人が119番通報した。同署が原因を調べている。

 現場はJR郡山駅から西に約15キロの住宅が点在する田園地帯。近くに住む男性(60)は「煙の勢いがすさまじく、周りの木々にも燃え移っていたようだ」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区