冬でも田んぼアート!「ペットボタル」設置 鏡石で10日に点灯式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
田んぼに容器を設置する参加者ら

 冬でも楽しめる田んぼアートをつくるため、発光ダイオード(LED)などの入った容器「ペットボタル」を植える田植えイベントは3日、鏡石町図書館北側の田んぼで行われた。参加した子どもたちが丁寧に容器を設置した。

 稲刈りの終わった田んぼでも田んぼアートを楽しめるようにと、昨年から行っている。町民ら約90人の参加者は、太陽光パネルやLEDなどが組み込まれたペットボトルのような容器「ペットボタル」を作製。中には夢などを書いたメッセージカードを入れた。

 続いて、自分たちの作った容器などを「希望の苗」として、今年の田んぼアートのテーマ「一寸法師」のデザインに合わせて置いた。

 終了後はまき割り体験なども行われ、子どもたちが笑顔で楽しんでいた。

 点灯式は10日午後4時30分に町図書館で行われる予定。設置した容器のほかにも電飾が施され、きらびやかな絵柄が表れるという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区