17歳の県立高生か 神奈川・座間9遺体、福島で9月末捜索願

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、事件に巻き込まれた可能性がある福島県の女子高生は、県北地区の県立高校に通う福島市の17歳とみられることが6日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁高尾署捜査本部はDNA型鑑定などで身元確認を進めている。

 捜査関係者によると、女子高生の行方が分からないとして、9月末に福島署が捜索願を受けた。携帯電話の位置情報を確認したところ、座間市付近で途切れたという。同署は引き続き行方を捜索している。

 捜査本部が死体遺棄容疑で逮捕した無職白石隆浩容疑者(27)が、最初に殺害したとしている神奈川県のカップルの女性について「アパートを借りるため、事前に50万円を銀行口座に振り込ませた」と供述していることも分かった。殺害現場に利用する部屋を借りるため計画的に準備を進めていた可能性もあるとみて、捜査本部は口座の入金記録などの裏付けを進めている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区