郡山とドイツ・エッセン採択 EU国際都市間協力プロジェクト

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市は6日、ドイツ・エッセン市と欧州連合(EU)の国際都市間協力プロジェクトに申請し、採択されたと発表した。

 プロジェクトではEUと世界各国の都市がペアとなり、相互訪問や会議・セミナーの開催などを通じて課題解決に取り組む。福島県内の自治体で採択されたのは初めてで、郡山市はエッセン市とともに医療機器関連産業や再生可能エネルギーの分野で連携を強化する。事業の成果はウェブサイトで公開される。

 具体的な取り組みは今後詰めるが、郡山市は医療機器関連産業や再エネの分野に力を入れているエッセン市と協力関係を築き、技術交流や産業集積のほか、研究開発拠点施設の利用促進につなげたい考えだ。

 今回採択されたのは、郡山市を含め国内5都市。採択された都市が一堂に会する会議が8~13日に、EU本部のあるベルギー・ブリュッセルで開かれる。郡山市は職員1人を派遣する。